シミの原因と対策

夏が近付くとシミが気になってくるものですが
今回は、その原因と対策を探ってみましょう。

シミとは?

紫外線、女性ホルモンの乱れ、ストレスなどにより、※メラノサイトが活性化しメラニンを過剰に生成した結果、皮膚表面に現れる色素斑です。
肝斑、老人性色素斑、炎症による色素沈着など。
※メラノサイトとは、肌を黒くして紫外線から守るもの

メラニンとは?

紫外線の害から守るために、皮膚細胞の身代わりになってチロシナーゼという酵素に酸化されてできたものです。
ただし、過剰に生成された不要なメラニンは
できるだけ早く取り除く必要があります。

皮膚の入れ替わり(ターンオーバー)で不要な角質細胞が剥がれ落ちるとき、過剰なメラニンは一緒に皮膚の外へ排出されます。
しかし、皮膚のメラニン代謝機能が円滑に行われないとシミとなって残ってしまいます。

※メラニンを過剰に浴びたり、繰り返し浴びたりしていると
肌を守るためにメラニンをたくさん出してしまうスイッチをオフできなくなって出しっぱなし状態になったり
ターンオーバーがうまくいかないとシミとして定着します。



シミの種類と対策は?


シミを分類すると
後天性の肝斑、老人性色素斑、光線性花弁状色素斑、炎症性色素沈着。
先天性の母斑、そばかすなどの色素沈着があります。

シミ対策には

メラニンを薄くする美白化粧品は、いずれのシミもある程度は薄くすることができ
比較的若い人に見られる淡い色調の光線性色素斑や肝斑は2〜3ヶ月でかなりの改善が認められます。

美容医療分野で行われるレーザーには
シミを形成する細胞を破壊する根本的治療が期待できますが
光熱作用による炎症反応を伴いますので
この刺激により肝斑ではシミがかえって濃くなりレーザー治療には不向きです。
また、他のタイプのシミにおいても
一過性に色素沈着が生じる場合があります。

また、紫外線を繰り返し浴びてメラニンが過剰に生成されないように
1年を通しての日焼けたは必須です。

次回は

シミの種類と治療法について詳しくお話します!

お楽しみに♪


MTサロン八事店のご予約は下記のリンクから♪

八事のあの美容サロン☆MTサロン八事店☆

美容のこと、MTメタトロン化粧品のこと、MTサロン八事店のこと、サロンスタッフのつぶやきなどをお伝えしています。 愛知県名古屋市昭和区広路町字石坂30プリンスビル3階 MTサロン八事店 ☎︎052-833-0205

0コメント

  • 1000 / 1000