肌のしわ・たるみ


しわ・たるみについて、まずは肌構造からご説明します。

肌の構造

肌は、3つの層から成り立っています。
肌表面から、【表皮】【真皮】【皮下組織】です。

【表皮】は、皮膚の一番外側にあり、外的刺激から肌を守る役割があります。
表皮は、"角質層" "顆粒層" "有棘層" "基底層"の4層から成り立っており
ターンオーバーが正常な場合、約28日間かけて基底層から徐々に押し上げられ、入れ代わります。押し出された層が皮脂や埃と混じり合い、アカとなって剥がれ落ちます。

【真皮】は、肌の弾力の源となっています。
コラーゲンやエラスチンといったタンパク質でできた線維が網状構造を形成しており
その間にヒアルロン酸などの保水成分が存在し、水分をたっぷり含んだスポンジのような構造で、皮膚の弾力性を支えています。
これらの真皮成分を生み出しているのが
線維芽細胞です。

【皮下組織】には、脂肪細胞があり、体温を維持し、外に逃さないようにする断熱材の役割や、エネルギーを貯蓄する役割を担っています。
また、外からの衝撃や圧力を和らげるクッションの働きがあります。


さて、肌のハリを保つために重要な
コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの真皮成分。
これらが減少すると、紫外線の影響を受けやすく、また活性酸素の発生、糖化などの悪影響が出てきます。
シミ、ニキビ、くすみ、タルミなどです。

真皮の状態、つまり肌のハリは真皮成分を生み出す線維芽細胞にかかっています。
この線維芽細胞は、加齢によっても老化し、減っていきます。
30歳からぐんぐん減少していき
50歳の時点で30歳の時の半分に減ります。
例えば線維芽細胞がグルングルンの隙間の少ないバネだったとして
50歳になると、隙間の多い伸びきったバネになってしまいます。
弾力が失われた状態です。

線維芽細胞は、加齢により減少しますが
糖化によっても破壊されます
【糖化】とは、糖とタンパク質が体内で結びつき、劣化する事です。
肌影響として、シミ・しわ・たるみ・黄ぐすみ・老化の促進 など恐ろしい悪影響があります。
この糖化に効果的なのが"カルノシン"です。
"カルノシン"は糖化からコラーゲンを守る抗糖化効果があります。
また、白い食べ物(お米、小麦など)には糖分が多く含まれるため取りすぎ注意です。

そして、肌を支える土台となる筋肉。
筋肉は19歳を境に筋肉のハリを保つ"アセチルコリン"が減少していき、筋肉の緊張が失われ、タルミが生じます。
筋肉のタルミに効果的なのが"DMAE"というアセチルコリンのレベルを高め、ハリを取り戻す成分です。
"DMAE"は鮭などに含まれることで知られています。

年齢とともに、エイジングケアは必要となります。
早い段階のエイジングケアをおすすめします。

MTメタトロン化粧品では、肌の弾力を高める線維芽細胞を量産させる幹細胞エキス配合のステムシリーズや

筋肉にハリを与えるDMAE配合のエッセンシャルシリーズ、

毎日使用するクレンジングや洗顔フォームには糖化を防ぐカルノシン配合など

若々しく健やかな美肌作りをサポートする化粧品を取り揃えております。


保湿だけでは老化を遅らせることができません。
エイジングケアにご興味がある方は
ご相談ください。


MTサロン八事店に
ぜひご来店ください(o^^o)

八事のあの美容サロン☆MTサロン八事店☆

美容のこと、MTメタトロン化粧品のこと、MTサロン八事店のこと、サロンスタッフのつぶやきなどをお伝えしています。 愛知県名古屋市昭和区広路町字石坂30プリンスビル3階 MTサロン八事店 ☎︎052-833-0205

0コメント

  • 1000 / 1000